FC2ブログ
   
01
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   


ドキドキ
『清楚な美人妻 彩27歳 絵画教室編』
何気なく訪れた絵画モデルのバイトで
想像を絶する羞恥地獄に堕ちた美人妻の記録


⇒その一部始終はこちら


村の慰み者になった私

ドキドキ
『清楚な美人妻 彩27歳 小学校の運動会編』
夫の姉の子供の小学校の運動会に参加した美人若妻が
子供たちに服を奪われ、運動場を全裸で疾走する
極限の羞恥地獄に堕ちた記録


⇒その一部始終はこちら


観光バスからは隣町に住むお年寄り達が

20人ほど降りてきました。

一人だけ水着姿の私は、村の人たちと

隣町の人たちと合わせて40人くらいの

先頭に立って、村のあちこちに置かれた

私をモデルにしたかかしを案内してまわったのです。

「お姉さん、良いお尻してるねぇ」

「胸も大きいいし、こりゃいいや」

「いい声で泣きそうだね」

と隣町の人達は水着姿の私の体を見ながら

からかい、村の人たちと談笑しているのでした。

私は村のマスコットではなく、村の慰み者のようでした。


もっと夫婦生活を見る>>

嫁日記ブログランキング>>



スポンサーサイト



theme : 主婦の日常日記
genre : 日記

プロフィール

ゆきりん

ゆきりん

結婚して暫くした頃、旦那が職を失い、やむを得ず田舎にある旦那の実家で、旦那の両親と同居することになりました。

やがて、旦那は田舎の実家近くでの再就職がままならず、一人で都会に出稼ぎ生活をすることになりました。

そして私は一人、知り合いも友人もいない片田舎に取り残され、旦那の両親の手伝いをしながら引きこもり生活をするようになっていきました。

そこには私が想像していた以上の過酷な日々が待っていたのです。


ポチッとお願いします。
↓↓↓



リンク

アクセスランキング

QRコード

QR